PC関連

iMovieでYouTubeに動画をアップロードできないときの対処法

投稿日:2017年12月25日 更新日:

f:id:shoheihey:20171225205140j:plain

今回はiMovieでYouTubeに動画をアップロードできないときの対処法について書いていきたいと思います。

では早速書いていきたいと思います。

 

iMovieでYouTubeに動画をアップするには

  1. iMovieで動画を作成します
  2. iMovieのトップページに戻ります(戻らなくてもできますが)
  3. その動画右下タイトル横にある◯の中に「…」があるボタンをクリックf:id:shoheihey:20171225210215p:plain
  4. そこからプロジェクトを共有をクリック
  5. YouTubeのアイコンをクリック
  6. 先へ進めていくと自動的にYouTubeにログインする画面になります
  7. YouTubeにログイン

ログインできればアップロードは完了するはずです。

またiMovieのメイン画面に戻らずに動画作成の画面からアップロードするときは、動画作成画面の右上のボタンからYouTubeを選びます。

f:id:shoheihey:20171225210922p:plain

基本的にはこれでアップロードできるのですが、中には

「共有に失敗しました」

と出てくる場合があります。

こういう場合いつまで経ってもアップロードできません。

何か不具合かな?と思いなんども挑戦しても一向にアップロードできません。

これはいくつか原因が考えられます。

何らかの要因でYouTubeにログインしてないことになっている

YouTubeにログインしてアップロードボタンを押していると思いますが、何らかの理由でログイン状態となっていない場合があります。

例えば、

  • 長時間放置していた
  • 一度再起動したり電源を入れ直した
  • ログインしたサファリを閉じた
  • そもそも正常にログインできていなかった

などが考えられます。

なのでログイン状態になってないことが考えられる場合は、再度YouTubeにしっかりとログインしましょう。

安全性の低いアプリの許可が「無効」になっている

これは本来このままでもいいはずなのですが、これが原因でYouTubeにログインできなくてアップロードができないことがあるようです。

こちら

https://myaccount.google.com/lesssecureapps?pli=1

なのでこれを「有効」にしてアップロードしましょう。

しかし、これ有効のままにしておくのは不安ですよね。怖い人はその都度変更するのがいいかと。

『iMovieから』YouTubeにアップロードしない方法

iMovieからどうしてもアップロードできない場合は、一度ファイルに書き出して直接YouTubeの画面からアップロードしてしまいましょう。

先ほどのタイトルの◯の中に「…」のボタンをクリックし、プロジェクトを共有からファイルで一度動画のファイルにしてしまいます。

f:id:shoheihey:20171225213108p:plain

そうすれば、YouTubeの画面からそのファイルを選択して直接アップロードできるでしょう。

これは確実にアップロードできるでしょう。確実じゃなかったらすみません。笑

ということでiMovieからYouTubeにアップロードできないときの解決策は以上です。

-PC関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スタバのWi-Fiがつながらない!接続方法と接続出来ない時の解決策

今回はスタバのWi-Fiについて書いていきたいと思います。 スターバックスのWi-Fiは無料で使える上に、面倒な登録もいらないのでスマホやパソコンをいじってゆっくりと過ごしたい方には嬉しいサービスです …

MacBookとMacBook ProとMacBook Airと悩んだ挙句MacBookを購入した〜どれがいいのか〜

Macのノートパソコンは大きく分けると現在三種類あります。 MacBook・MacBook Pro・MacBook Air それぞれ特徴がありますが、今回僕は新たなブログ執筆用にMacBookを購入す …

MacのOSをhigh sierraにしてからネットが遅くなった時の対処法〜なんとか解決しました〜

最近デスクトップのMacをhigh sierraに変えてからネットが全く動かなくなりました。 ネットが常に読み込んでいる状態というか上のドメインのところの表示される回線の青いバーが全然進まないのです。 …