睡眠

朝の目覚めを良くしたい!目覚まし時計の位置で最もオススメの位置は?

投稿日:

今回は目覚まし時計の設置場所について書いていきたいと思います。

目覚まし時計の設置場所って悩みますよね。

 

最近では目覚まし時計ではなく、スマホのアラーム設定の人も多いと思います。

スマホの充電場所にもよりますが、自分が寝ている近くにおいている方も多いのではないでしょうか。

しかし、本当にそれでいいのか。今回はそんな内容を論じていきたいと思います。

 

枕元に目覚まし時計

一番多いパターンだとは思いますが、枕元に目覚ましをセットしているパターンです。スマホにしろ目覚まし時計にしろ一番音が聞こえやすく、目を覚ますのにはもってこいですね。

音量にもよりますが、大音量にしていれば生きてさえいれば起きられるでしょう。笑

 

しかし、デメリットもありますね。まず大音量であればびっくりします。

朝一からびっくりして起きなければいけません。まぁびっくりするから起きるのでしょうけれど、心臓に悪いですよね。

 

もう一つのデメリットは、すぐ止めることができるという点です。

すぐ止めることができるので、二度寝する可能性を高めてしまいますし、すっきり起きられませんよね。

 

二度寝というのは悪魔の囁きです。一度落ちてしまうと、永遠に帰ってこれない生き地獄です。笑

 

枕元に目覚ましのまとめ

  • 音を近くで聞けるので寝過ごすことはない
  • 大音量だと心臓に悪い
  • 二度寝する可能性が高い

歩かないと止めれない距離に目覚まし時計

布団から出て歩かないと止められない距離に目覚まし時計を置くパターンです。

これのいいところは布団から出て体を動かさなければ、目覚ましを止められないところです。

 

朝起きる時の一番の関門布団からでる というのを強制的にやってくれます。布団から出てしまえばこっちのものというところですよね。

 

布団から出るのが苦手な方にはおすすめです。

 

しかし、デメリットもあります。寝ている場所から遠いので音が遠くなってしまうという点です。音量をあげれば対応できるでしょうが、離れている分だけ聞こえにくくなるのは当然です。

なのでその分だけ寝坊するリスクが高くなるということです。

 

歩かないと止めれない距離に目覚ましのまとめ

  • 布団から脱出できる
  • 体を目覚めさせることができる
  • 音が遠くなり寝過ごすリスクあり

 

足元に目覚まし時計

足元に目覚ましを置くパターンです。

これはちょうど「枕元に目覚まし」と「歩かないと起きられない距離に目覚まし」のメリット・デメリットの中間といったところでしょうか。

 

これはよほど足が器用でない限りは起きた体勢からそのまま止めることはできないです。

なので必ず足元の方へ上半身を移動する必要があります。当然、体を起こす必要がありますので当然すっきり目覚める度合いは強くなるでしょう。

 

デメリットは聞こえない可能性があるということです。足元にあるので当然聞こえる音量は小さくなります。大きな音でしか起きられない人はもしかしたら寝過ごす可能性があります

 

また体を起こすのですが、足元にあるため心の弱い人はもう一度布団の中に吸い込まれて行くでしょう。笑

 

吸い込まれた先にあるのは二度寝という天国と地獄の狭間です。笑

 

足元に目覚まし時計のまとめ

  • 体をある程度目覚めさせることができる
  • 心の弱い人は二度寝してしまう
  • もしかしたら聞こえないかも

 

光目覚まし時計

こちらは番外編なのですが、全く違う角度から攻めているものです。

「光目覚まし時計inti4」というものです。

これは音で起きるのではなく光で起こしてくれる目覚まし時計です。

光の明るさで起きることができるので、目覚めの快適さが音に比べて全然違います。

 

人間は遥か昔から太陽の光によって生活リズムを作っています。

陽が昇れば起きて、陽が沈めば寝る。というリズムは本能の部分です。

本能の部分に訴えかけて起こしてくれる「光目覚まし時計inti4」はかなりおすすめです。

 

カーテンを開けっぱなしでは、季節によって変動があります。部屋も丸見えになってしまいます。自由に光をコントロールすることは難しいのです。

こちらの記事に詳しくは書いてあります。

朝の目覚めを楽にしたい!不快感なくすっきりおきる方法4選

 

そういう点でもこの「光目覚まし時計inti4」は朝の目覚めに大変おすすめです。

目覚まし時計の位置について書いてきましたが、番外編として紹介させていただきました。

 

光目覚ましについて詳しくはこちら

inti4

まとめ

ということで、今回は目覚まし時計の位置について書かせていただきました。

目覚まし時計の位置はそれぞれ一長一短があり自分にあった最適な位置を見つけて行くことが重要です。

色々と試してみて、自分にあったものを探しましょう。

-睡眠

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最近寝つきが悪くてつらい。眠れない人が眠りにつきやすくなる方法6選

今回は眠りにつきやすくなる方法について書いていきたいと思います。   夜なかなか寝付けない、もしかしたら不眠症?といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。   今回は少 …

朝起きるときに目薬をさすと目覚めが良くなる?

今回は目覚めの方法として、朝起きてすぐに目薬をさすということについて書いていきたいと思います。   多くの人が目覚めの悩みに関して語ると、きりがないくらいあると思います。   朝な …

低血圧で朝起きられない 改善方法は?

今回は低血圧と朝との関係について書いていきたいと思います。 寝起きが全然起きられない、朝はイマイチ元気が出ない、午前中はぼーっとしていますという方。 もしかしたら低血圧かもしれませんね。   …

レム睡眠・ノンレム睡眠とは? 90分サイクルは意味がない?

今回はレム睡眠・ノンレム睡眠について書いていきたいと思います。 レム睡眠やノンレム睡眠ってよく聞くけど、実際そこまでこだわるべきことなのでしょうか。 睡眠を制するものはレム睡眠・ノンレム睡眠を制すると …

よく眠れない!そんな私の睡眠の質を高めるおすすめサプリ比較

今回は睡眠の質を良くするサプリについて紹介していきたいと思います。   睡眠の質を良くする方法はたくさんあります。 しかし、忙しい人にはどうしても難しいことも多いですよね。   寝 …