睡眠 知識

よく眠れない! 体内時計と睡眠の質の関係

投稿日:2018年1月29日 更新日:

今回は睡眠と体内時計の関係について書いていきたいと思います。

睡眠と体内時計との関係はとても重要な関係があります。

体内時計を正しくコントロールすることが睡眠をコントロールすることにつながるのです。

 

体内時計とは

健康を維持するために体に備わっている機能です。

朝、太陽と共に活動を開始して、日中、その活動をピークに持っていき、夜がくれば眠るという人間の生活リズムを保つための機能です。

 

体内時計には2つの種類があります。

中枢時計」と「抹消時計」というものがあります。

中枢時計というのは行動や血中ホルモン濃度などのリズムを制御しています。

抹消時計というのは肝臓や腎臓など抹消組織に存在する時計です。代謝やイオン濃度の調整などを制御します。

中枢時計は光や自分の肺活量によって調整されています。

そしてこの中枢時計が神経などの調整を介して抹消時計の時間を調整しています。

 

難しことはさておき、人間に体内時計は脳がコントロールしているということです。

そして、臓器の活動なども体内時計に関わってくるということです。

睡眠と体内時計

睡眠と体内時計の関係が重要であるということは聞いたことがある人がほとんどだと思います。

体内時計をしっかりと作ることで自然と眠る時間が安定し、また起きる時間も安定します。

体が眠る時間を覚えれば、その時間に質の良い睡眠をとることもできるようになってきます。

 

体内時計のコントロール法

体内時計をコントロールする方法は大きく分けて二つです。

それが光と食事です。

光と体内時計

体内時計は光によってコントロールされます。

陽の光を見ることによって朝の体内時計が刻み始めます。

なのでしっかりと朝起きた時に光見る・浴びることが重要なのです。

 

食事と体内時計

食事は基本的には栄養をとるため、生命活動を維持するためのものですが、体内時計にも大きく関係していることがわかっています。

食事の時間が規則正しいものでないと体内時計が乱れてしまうのです。

つまり毎日しっかりと同じ時間で食事を取ることが重要なのです。

 

まとめ

体内時計は睡眠と密接な関係があります。

そして体内時計をリズムよくコントロールするためには光と食事が重要なのです。

光と食事を毎日同じ時間に取ることでしっかりとした生活がサイクルが生まれて、規則正しい生活ができるのです。

そして規則正しい生活を送ることが、睡眠の質を高めることにつながるのです。

 

睡眠の質を高める方法

体内時計をコントロールして生活リズムをよくすることも重要ですが、他にも睡眠の質をよくする方法はあります。

こちらの記事に詳しく書いているので参考にして見てください

限られた睡眠時間を効率的に 睡眠の質を上げる方法

 

 

-睡眠, 知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝ても寝ても眠い 異常な眠気は過眠症? 原因と対策

今回は過眠症というものについて書いていきたいと思います。 不眠症という言葉は聞き慣れている方も多いとは思いますが、過眠症という言葉は聞き慣れない方も多いと思います。 寝ても寝ても眠い、急に眠気に襲われ …

レム睡眠・ノンレム睡眠とは? 90分サイクルは意味がない?

今回はレム睡眠・ノンレム睡眠について書いていきたいと思います。 レム睡眠やノンレム睡眠ってよく聞くけど、実際そこまでこだわるべきことなのでしょうか。 睡眠を制するものはレム睡眠・ノンレム睡眠を制すると …

不眠症は4つの種類がある 私はどのタイプ?

今回は不眠症のタイプを書いていきたいと思います。 不眠症と言えば、なかなか寝付けない、全然眠れない、だけが不眠症と思われがちですが実は種類があります。 不眠症は大きく分けると4つに分類されます。 &n …

低血圧で朝起きられない 改善方法は?

今回は低血圧と朝との関係について書いていきたいと思います。 寝起きが全然起きられない、朝はイマイチ元気が出ない、午前中はぼーっとしていますという方。 もしかしたら低血圧かもしれませんね。   …

朝の目覚めを良くしたい!目覚まし時計の位置で最もオススメの位置は?

今回は目覚まし時計の設置場所について書いていきたいと思います。 目覚まし時計の設置場所って悩みますよね。   最近では目覚まし時計ではなく、スマホのアラーム設定の人も多いと思います。 スマホ …