PC関連

iMovieでYouTubeに動画をアップロードできないときの対処法

更新日:

f:id:shoheihey:20171225205140j:plain

今回はiMovieでYouTubeに動画をアップロードできないときの対処法について書いていきたいと思います。

では早速書いていきたいと思います。

 

iMovieでYouTubeに動画をアップするには

  1. iMovieで動画を作成します
  2. iMovieのトップページに戻ります(戻らなくてもできますが)
  3. その動画右下タイトル横にある◯の中に「…」があるボタンをクリックf:id:shoheihey:20171225210215p:plain
  4. そこからプロジェクトを共有をクリック
  5. YouTubeのアイコンをクリック
  6. 先へ進めていくと自動的にYouTubeにログインする画面になります
  7. YouTubeにログイン

ログインできればアップロードは完了するはずです。

またiMovieのメイン画面に戻らずに動画作成の画面からアップロードするときは、動画作成画面の右上のボタンからYouTubeを選びます。

f:id:shoheihey:20171225210922p:plain

基本的にはこれでアップロードできるのですが、中には

「共有に失敗しました」

と出てくる場合があります。

こういう場合いつまで経ってもアップロードできません。

何か不具合かな?と思いなんども挑戦しても一向にアップロードできません。

これはいくつか原因が考えられます。

何らかの要因でYouTubeにログインしてないことになっている

YouTubeにログインしてアップロードボタンを押していると思いますが、何らかの理由でログイン状態となっていない場合があります。

例えば、

  • 長時間放置していた
  • 一度再起動したり電源を入れ直した
  • ログインしたサファリを閉じた
  • そもそも正常にログインできていなかった

などが考えられます。

なのでログイン状態になってないことが考えられる場合は、再度YouTubeにしっかりとログインしましょう。

安全性の低いアプリの許可が「無効」になっている

これは本来このままでもいいはずなのですが、これが原因でYouTubeにログインできなくてアップロードができないことがあるようです。

こちら

https://myaccount.google.com/lesssecureapps?pli=1

なのでこれを「有効」にしてアップロードしましょう。

しかし、これ有効のままにしておくのは不安ですよね。怖い人はその都度変更するのがいいかと。

『iMovieから』YouTubeにアップロードしない方法

iMovieからどうしてもアップロードできない場合は、一度ファイルに書き出して直接YouTubeの画面からアップロードしてしまいましょう。

先ほどのタイトルの◯の中に「…」のボタンをクリックし、プロジェクトを共有からファイルで一度動画のファイルにしてしまいます。

f:id:shoheihey:20171225213108p:plain

そうすれば、YouTubeの画面からそのファイルを選択して直接アップロードできるでしょう。

これは確実にアップロードできるでしょう。確実じゃなかったらすみません。笑

ということでiMovieからYouTubeにアップロードできないときの解決策は以上です。

-PC関連

Copyright© ZKブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.