睡眠

レム睡眠・ノンレム睡眠とは? 90分サイクルは意味がない?

投稿日:

今回はレム睡眠・ノンレム睡眠について書いていきたいと思います。

レム睡眠やノンレム睡眠ってよく聞くけど、実際そこまでこだわるべきことなのでしょうか。

睡眠を制するものはレム睡眠・ノンレム睡眠を制すると言いますが、、、

 

そんなレム睡眠・ノンレム睡眠について書いていきたいと思います。

 

レム睡眠とは

レム睡眠とは正式には「急速眼球運動を伴う睡眠」のことです。

体は休息状態で、脳は活発に活動している状態です。

つまり「体おやすみモード」のことです。

 

体は休んでいるのですが、脳が活発に活動しているため眼球だけが活発に動いてしまうから「急速眼球運動を伴う睡眠」なんて名称になっているんですね。

 

夢を見るのは「レム睡眠」

 

夢を見るのはレム睡眠中が多いと言われています。

これも脳が活発に活動しているために見るのです。

 

ノンレム睡眠とは

急速眼球運動を伴わない睡眠のことです。「ノンレム」ですからね。

 

ノンレム睡眠はレム睡眠とは違い、脳も休息状態にあるという状態です。

脳おやすみモード」ということですね。

まぁいわゆる、ぐっすり眠っている状態ですね。

一般的にこのノンレム睡眠の状態の質が眠りに大きく関係していると言われています。

この時にいかに質の良い睡眠をとるか、ということが睡眠においては重要なのです。

このときは当然、

脳も活動していないため、夢を見ることもないのですし、多少の物音などでは目が醒めることもないのです。

 

レム睡眠とノンレム睡眠のリズム

 

一般的には90分周期でこの二つのサイクルが起こるというふうに言われています。

しかし、実際にはおおよそ90分であり個人によって、また日によってこの周期は違うのです。

 

入眠から45分~60分以内にノンレム睡眠に達してそれから二つの周期を繰り返すのですが、正確には「人それぞれ」というのが一番の正解なのです。

 

つまり90分サイクルで起きればスッキリ起きられるというのは、正解であり不正解でもあるということですね。

「目覚ましを90分サイクルで設定しているのに朝スッキリ起きられない」という方も多いのではないしょうか。

そういう方は周期が90分でないということになります。人によっては80分かもしれないし、人によっては110分かもしれないということです。

 

まぁしかし、この90サイクルは世界的に有名なものですね。世界で有名なので普通の人は、大枠大体90分前後ではあるというふうに言えるのでしょう。

 

睡眠というものは未だに多く研究されていて、多くの謎があります。

自分にあった睡眠を見つけたいですね。

-睡眠

Copyright© ZKブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.