睡眠

いびきの原因 寝る姿勢は仰向けと横向きどちらがオススメ?

投稿日:

今回は寝る姿勢について書いていきたいと思います。

寝る姿勢というものは意識している人とそうでない人といるかもしれませんが、実はとても重要なんです。

寝る姿勢一つで睡眠の質に大きく影響を与えます。

 

姿勢は大きく分けて

  1. 仰向け寝
  2. 横向き寝
  3. うつぶせ寝

の3種類になるはずです。

座って寝る人とかがもしいたらすみません。笑

 

ひとまず、この3種類のメリット・デメリットをそれぞれ書いていきたいと思います。

 

仰向け寝

基本的に正しいとされる寝方ですよね。仰向けで寝なさいと親からしつけられてきた方もいるのではないでしょうか。

仰向け寝の主な特徴

  • 体の負担が均等になる
  • リラックスできる姿勢
  • 立っている姿勢とほぼ変わらず、背骨にとって最適な姿勢
  • いびきや睡眠時無呼吸症候群になるリスクがある

というところでしょうか。

体の負担が均等になる

仰向けに寝るので、当然体の多くの部分が寝具に接します。接点が多ければ多いほどに支える点が増えて、結果として各部位にかかる負担は非常に少ないです。

 

リラックスできる姿勢

仰向け寝が一番リラックスできる姿勢と言えます。

例えば、今にも倒れ込みたいくらい疲れている状況でいざベッドに飛び込める機会がきたらどうするでしょう?

おそらく横向きになる人は少ないかと思われます。仰向け、もしくはうつ伏せになるのではないでしょうか。

そういう時は自然とリラックスした姿勢をとるものです。

 

立っている姿勢とほぼ変わらず、背骨にとって最適な姿勢

自分に最適な枕を使っている場合は、ほとんど立っている姿勢と変わらない姿勢になっています。

つまり背骨に負担がなく、体の歪みを防止できるのです。

背骨はあらゆるところに影響を及ばす体の中心です。正しい姿勢でいるためにも仰向け寝は最適なのです。

顔の歪みの防止にもなります。

 

いびき・睡眠時無呼吸症候群になるリスクは高まる

当然ながらデメリットもあります。

それはいびきをかきやすくなっていますということです。

仰向けに寝るとどうしても重力の影響で舌根が下がってしまいます。それにより気道が塞がりいびきをかいてしまうのです。

これは横向きだと重力の影響を横に受けるのでいびきをかくリスクを下げることができるんですね。

 

いびきがひどくなると睡眠時無呼吸症候群という一定時間呼吸が止まっている状態になってしまったりします。

その結果睡眠の質に大きく影響してしまうのです。

 

 

体の負担が均等にかかる

リラックスできる姿勢

背骨にとって最適な姿勢 枕選びが重要、顔の歪み

いびきをかきやすい、睡眠時無呼吸症候群、睡眠の質に影響

 

仰向け寝にオススメのイビキ解消まくら

仰向け寝にオススメの枕はいびきケア専用枕「天使の寝息」枕です。



こちらの枕は仰向け寝と横向き寝両方に対応しており、いびきを解消することに特化した作りになっています。

仰向け寝の弱点であるいびきをかくリスクが上がるという点を解消してくれる最適な枕です。

 

詳しくはこちら 

天使の寝息

横向き寝

横向き寝で寝るという方もなかなか多いのではないでしょうか。

 

横向き寝の特徴はこんな感じでしょう。

  • いびきが解消される
  • 右向きに寝れば消化を促進
  • 体の一部に負担がかかるので体の歪みにつながる
  • 顔の肌に負担がかかる

というところでしょう。

いびきが解消される

横向き寝では舌根が気道側へ落ちることはないので、いびきをかくリスクは格段に減ります。

当然しっかりと呼吸することができるので睡眠の質は高くなるでしょう。

消化を促進することができる

これは聞いたことがある方も多いでしょうが、右向きに寝ると胃が食べ物を消化しやすい状態になります。

消化系が弱い方や食べすぎちゃう方には最適ですし、何より胃の負担を減らすことが睡眠の質向上につながるのです。

胃を使うということは知らず知らずの内に体力を使っているのです。

体の一部に負担がかかる

仰向けと違って布団(マットレス)に接している部分が少なくなります。その分当然接している部分にかかる重みは増えるので、その一部に負担がいきます。

 

場合によってはそれが姿勢の歪みに繋がってしまう恐れもあります。

 

お肌に負担がかかる

顔の横の面を枕につけるわけですから、当然お肌に負担がかかります。

お肌に負担がかかれば、それだけニキビや吹き出物ができるリスクは上がります。

シーツなどのケアに気をつけなければいけませんね。

横向き寝にオススメの枕

横向き寝にオススメの枕は「YOKONE2」です。



こちらの枕は横向き専用の枕です。横向き寝でいかに最適に快適に眠るかという点に特化している枕です。
これなら体の負担を軽減する設計になっているので、デメリットをうまく解消してくれる枕です。

 

詳しくはこちら

安眠のための横向き寝専用まくら「YOKONE2」

 

 

うつ伏せ寝

こちらは一般的にオススメされていません。個人的にもオススメできないですね。あまりいいことがないように思えます。

 

うつ伏せ寝の特徴

  • 胸部を圧迫するので呼吸が浅くなる
  • 首に負担をかける

胸部を圧迫するので呼吸が浅くなる

うつ伏せになると当然胸部が圧迫されます。胸部が圧迫されると呼吸するのに負荷がかかります。当然その分無意識の中で負荷がかかりますし、呼吸も浅くなり睡眠の質が落ちます。

 

首に負担をかける

うつ伏せ寝は首が45度近く曲がってしまいます。顔を枕に埋める人はなかなかいないと思われます。苦しいので。笑

 

首が45近く曲がった状態のままでいると寝違えるリスクが非常な高くなります。その分体に負担をかけます。

 

うつ伏せ寝は基本的にオススメできない寝方です。

 

まとめ

というわけで仰向け寝と横向き寝の特徴をまとめてみました。

どちらもメリット・デメリットを兼ね供えてあるのでどこを取っていくかというのは個人の事情によるでしょう。

デメリットを補えるような枕を使うというのも一つの手ですよね。

-睡眠

Copyright© ZKブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.