いびき 睡眠

いびきの原因と対処法 いびきの治し方は寝る姿勢と枕が重要

投稿日:

今回はいびきの原因について書いていきたいと思います。

 

「いびき」について悩んでいる方も多いと思います。

いびきをかく方は困ることがたくさんあると思います。

  • 誰かと一緒に寝られない
  • 寝るだけで騒音製造機になってしまう
  • 睡眠の質が悪くなる
  • しっかり寝た気がしない

 

など色々な悩みがあると思われます。

いびきは百害あって一利なし

そんないびきの原因について書いていきます。

 

舌根が気道を狭くする

原因は一つです。舌根が気道を塞ぐのです。

 

気道が通りにくくなる・もしくは気道がふさがってしまうことが原因ですね。

気道というのは、呼吸する際の空気の通り道です。

 

この気道をふさいでいるのが「舌」です。

厳密にいうとしたの付け根の「舌根」ですね。

 

舌根が気道を塞ぐことで空気の通り道が小さくなり、その結果その小さな通り道が空気のよって震えて音が出てしまうのです。

この舌根がふさがる理由がいくつかあります。

 

 

肥満が原因

肥満、特に首回りの脂肪が原因でいびきが起こります。

首回りに脂肪がつくことで首回りの筋肉が緩みやすくなります。

首回りの筋肉が緩みやすくなれば、当然下を支える筋肉も緩みます。

 

睡眠時は必ず筋弛緩(筋肉が緩む)が起こるので舌根が落ちてしまうのです。

また寝るときに脂肪の重さも喉にかかるのでより舌根が落ちやすいというわけです。

 

疲れ

疲れによっていびきが起こりやすくなります。これも筋弛緩に関係してきます。疲れていると体が休息・リラックス状態を求めます。

 

当然、より一層筋弛緩が起こりやすい状態なので、いびきをかいてしまうというわけです。

 

ストレス

ストレスも上記「疲れ」と同じ理由です。

 

 

飲酒

飲酒でもいびきは起こりやすくなります。アルコールを摂取すると筋弛緩が起こりやすくなります。もちろん量にもよるのですが、ある程度飲酒するといびきが起こりやすくなってしまうという訳ですね。

 

口呼吸

日常生活や寝るときに口呼吸の癖がある方は、いびきになる確率が上がります。口呼吸なのえ当然口は開けっ放しですよね。口が空いている状態というのは舌根が落ちやすい状態なので、いびきをかきやすくなるという訳です。

 

これは風邪などを引いて鼻づまりになることでも同様のことが起こりやすくなります。

 

改善策

横向きに寝ることで改善

気道を塞がないようにすることができればいびきを書くことはないです。基本的に舌根は重力によって動きます。筋弛緩によって下を支える力がなくなれば当然重力に引っ張られるわけです。

 

詰まり仰向けで寝ているから下が喉に落ちるのです。

横向きに寝ることで舌は重力に従って横に動きます。

そうすると気道を塞ぐことがなくなるのです。

 

なので横向きになるということがいびきの改善につながるのです。

 

横向きに寝るのに最適な枕

横向きに寝るのが難しい方も多いと思います。

そんな方には最適な枕「YOKONE2」というグッズがおすすめです。



この枕は横向きに寝ることに最適化された枕です。

これで快適な横向き寝を実現させて、いびきを解消しましょう。

 

詳しくはこちら
安眠のための横向き寝専用まくら「YOKONE2」

いびきを改善するのに最適な枕

いびき改善のための枕「天使の寝息」という枕もおすすめです。



こちらは横向きでなくても、いびきを改善させる効果のある枕です。

かなり人気の枕ですので、いびきに悩む方に最適です。

 

詳しくはこちら

いびきケア専用枕 天使の寝息

-いびき, 睡眠

Copyright© ZKブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.