睡眠 知識

睡眠の質に関係する交感神経と副交感神経とは

投稿日:

今回は睡眠とも関連が深い交感神経と副交感神経について書いていきたいと思います。

交感神経・副交感神経というのは自律神経というものの中の分類です。

この自律神経があるからこそ人間は心身の様々な調整が無意識にできるのですね。

 

自律神経とは

自律神経とは

消化系の器官や呼吸系の器官などの自分の意識では動かせないような器官の活動を調整する神経です。

 

人間は暑ければ無意識のうちに汗をかきますし、寒ければ震えて縮こまります。そういう温度調整などももちろん自律神経による働きです。

 

ワクワクしたりドキドキしたりするのも自立神経によるものです。

 

つまり、自律神経は人間の心身の様々な調整を自動的にしてくれるものなのです。

交感神経と副交感神経

そんな自律神経は2種類に分類されます。

それが交感神経副交感神経なのです。

交感神経と副交感神経は大きな役割が異なります。

 

簡単にいうと

交感神経は興奮

副交感神経はリラックス

という風に言えるでしょう。

交感神経は昼に活動的になりますし、副交感神経は夜に活動的になります。

 

それぞれの主な役割

交感神経

  • 血管→収縮
  • 血圧→上昇
  • 心拍→速い
  • 筋肉→緊張
  • 腸→あまり動かない
  • 汗→かきやすい

副交感神経

  • 血管→拡張
  • 血圧→下降
  • 心拍→遅い
  • 筋肉→弛緩
  • 腸→活発
  • 汗→あまりかかない

という風に静と動・陰と陽の関係なのです。

 

睡眠時は副交感神経が重要

当然睡眠時はリラックスする必要がありますので副交感神経が重要です。

つまり眠くなっている状態の時は副交感神経が優位になっていますし、副交感神経を働かせることでいい眠りへと導けるのです。

 

副交感神経を優位にする方法

リラックス

リラックスすることで副交感神経は優位になります。

方法はたくさんあると思います。

深呼吸してリラックスするもよし、リラックスできる音楽を聞くのもよし、好きな香りを嗅ぐのもよし。

リラックスした状態を作ることが重要です。

 

お風呂に入る

お風呂に入ることで副交感神経を優位にします。

お風呂はぬるま湯の方が副交感神経を高めるそうです。

結構を良くし筋肉をリラックスさせるためにも湯船に浸かりましょう。

ストレッチやマッサージ

ストレッチやマッサージなどの軽く体を動かしたりほぐしたりすることで副交感神経は優位になります。

風呂上がりや寝る前にストレッチすることで副交感神経が優位になり入眠しやすい状態を作ります。

 

スマホなど

スマホなどは脳の覚醒につながります。スマホやゲームなどで脳を興奮させてしまうと交感神経が優位になってしまいます。

副交感神経を優位にさせるためにもスマホなどの脳を興奮させるものは控えましょう。

 

具体的な睡眠の質を高める方法はこちら

限られた睡眠時間を効率的に 睡眠の質を上げる方法

 

 

-睡眠, 知識

Copyright© ZKブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.