睡眠 知識

寝るときに靴下を履かないほうがいい?メリットとデメリット

投稿日:

 

今回は寝るときに履く靴下について書いていきたいと思います。

寒い冬、特に冷え性の方は靴してを履いて寝るという方も多いとは思います。足が冷え切った状態で寝たくはないですよね。布団に入っても足が冷たくて眠れない。足の感覚がなくなるほどに冷たい足をなんとか温めようとしているのはわかります。

 

しかし、寝るときに靴下は良くないという意見もあります。

どういう点で良くないのかということについて書いていきたいと思います。

 

寝るときに靴下のメリット

寝るときに靴下を履くメリットもいくつかあります。

 

  • 足元の冷えが気にならず眠りにつきやすい
  • 足元から暖かくリラックスできる
  • 朝起きたときに歩くのが冷たくない

 

のような点があります。特に眠りに入る場面においてのメリットがあると言えそうですね。足元がぬくぬくしているとリラックスしますし、眠りに入りやすい状態になります。

足が冷えすぎて気になって眠れないという方にも最適ですね。

 

また、朝起きたとき床を歩くのって冷たいですよね。あまり冷えない設計の床でも朝のぬくぬくした布団の中に比べれば随分冷たいです。

そういう点ではメリットがありますね。

靴下を履かないメリット

靴下を履かないメリットも当然あります。

 

  • 足の裏から体温調節しているので眠りの質が良くなる
  • 足が蒸れない

 

メリットだけで書くとこれくらいですかね。

人は寝ているときに足の裏と手の平で体温調整をしているのです。足と手から熱を放出し、体の体温を下げて行くのです。

体を省エネ状態にすることで深い眠りへと誘ってくれるのです。なのでこの熱の逃げ口を塞いでしまうと、深い眠りが妨げられるのです。

睡眠の質が落ちるということは一番避けたいことですよね。

 

また、足からの放熱があるので靴下を履いていると蒸れてしまいますね。それを防ぐことができます。

寝るときに靴下のデメリット

 

  • 足からの放熱がうまくできずに睡眠の質が落ちる
  • 足が蒸れる
  • 汗により一層足が冷える

 

こちらは靴下を履かないメリットの逆のことが言えますね。

まずは体温調整がうまくいかずに睡眠の質に大きく関わります。

また、熱が足に集中するので当然汗をかき足が蒸れます。

蒸れてその汗が更に足を冷やして、冷え性を加速させるという悪循環になります。

 

靴下を履かないデメリット

靴下を履かないデメリットは冷えを我慢しなけないという点です。

冷え性がきつい方にとっては、眠りにつきにくいなんてことにもなってしまいます。

 

結局どちらがいいのか

人それぞれではあるかと思いますが、睡眠の質という点が一番重要ではないでしょうか。

もともと冷え性なのに冷え性を加速させるのも良くないですよね。

なのでやはり履かないのがベストだと思います。

 

足が冷えすぎてなかなか眠りにつけない人は風呂上がりに足を冷やさないことが重要です。

 

眠りにつきやすくなる方法についてはこちらの記事にまとめています

最近寝つきが悪くてつらい!眠れない人が眠りにつきやすくなる方法6選

 

 

 

-睡眠, 知識

Copyright© ZKブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.