睡眠 知識

適切な睡眠時間は何時間?睡眠の質をあげることが重要です

更新日:

今回は最適な睡眠時間について書いていきたいと思います。

皆さんは毎日最適な睡眠時間を取れているでしょうか。

もし毎日すっきり寝た気がしないだったり、疲れが取れた気がしないという方は自分にあった睡眠時間が取れていないのかもしれません。

 

今回はそんな睡眠時間について書いていきたいと思います。

 

最適な睡眠時間は人それぞれ

結論から言ってしまうと最適な睡眠時間は人それぞれです。

一般的に理想的な人の睡眠時間は7〜8時間と言われています。これは統計的にそれくらいの睡眠時間の人が多いからそうなっているとも言えます。

 

しkし、人によってはそれ以上の睡眠時間が必要な方や、全然寝なくても生きていける方など様々です。

タレントの武井壮さんなんて1日45分しか寝ないそうですよ。もしそれで全て回復するのであれば羨ましすぎる能力ですね。

 

それくらい人の必要な睡眠時間も個性の一つと言えるほど個々によって違うのです。

 

睡眠のタイプ

平均タイプ(ヴァリアブルスリーパー)

6〜9時間までの睡眠をとる方は平均的な睡眠のタイプです。

ほとんどの方はこのタイプに属されるのではないでしょうか。

人間の8割から9割の方がこのタイプであると言われています。

ショートスリーパー

睡眠時間が6時間未満の人のことです。6時間以内の睡眠にも関わらず、日常生活に支障をきたすこともなく活発に動くことができるタイプの方です。

活動時間が増える非常に羨ましいタイプの人ですね。

勉強するにしても仕事するにしてもこのショートスリーパーであれば、何かとお得な感じがします。

中には3時間や4時間で十分という方もいます。

1割満たないくらいの人がこのタイプと言われています。

 

ロングスリーパー

9時間以上の睡眠を必要とする人のことを言います。

長く寝ないと寝た気がしない。でもたくさん寝ると回復するというタイプです。日本人にとっては何か損な感じがしますが、1割みたないくらいの割合でロングスリーパーの方もいます。

 

 

おそらく大半の方は平均的な睡眠時間のタイプだと思います。

そして平均的と言われているからこそ、時間は大丈夫だと思い込んでは睡眠でスッキリしない毎日を過ごしていませんか?

 

睡眠の質を高めるには

あなたがどのタイプかというのはもちろん重要です。

ロングスリーパーなのに5時間しか毎日寝ていないのであれば、それは相当の負担でしょう。睡眠のタイプにはなかなか逆らえないのが実情です。

 

しかし、睡眠時間ってしっかり回復するなら短ければ短いほどにいいですよね。

30分でも必要な睡眠時間を短くするには睡眠の質がとても重要です。

 

睡眠の質を高める記事はこちらに書いてありますので参考にしてみてください(^ ^)

限られた睡眠時間を効率的に 睡眠の質を上げる方法

-睡眠, 知識

Copyright© ZKブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.